HOME
サイトマップ

セラとは -

CELA(セラ)とは?

CELA(セラ)とは、除菌と消臭を基本に考えて作られた新世代の弱酸性次亜塩素酸水です。

 

強力な除菌力

従来の次亜塩素酸水ナトリウムとの違い

CELA(セラ)は、殺菌効果のある次亜塩素酸ナトリウムの欠点をなくし、利点のみを引き出した弱酸性次亜塩素酸水です。

従来のカビやまな板等の除菌剤、及びプールや水道水に含まれる次亜塩素酸ナトリウムは、取り扱いが危険なばかりでなくpH12以上の強アルカリ性であり、希釈しpH8前後の希釈次亜水にしなければ次亜塩素酸の殺菌効果が得られません。また、希釈次亜水ではCELA(セラ)の1/8程度の殺菌効果しかありません。

更に、今まで不可能とされてきたpH(水素イオン指数)制御可能にした弱酸性水なので、安心して除菌・消臭等にご利用いただけます。

セラは、様々な生活や産業において安全・安心の「瞬間除菌・消臭」を実現し、社会の様々な分野で環境改善に貢献する新世代の弱酸性次亜塩素酸水です。

 

次亜塩素酸の殺菌効果グラフ

図式の---次亜塩素酸領域の中でも、有効塩素存在百分率が100%に近いところが、殺菌効果が高くなります。CELA(セラ)はこの中でもpH値が中性付近のpH6.5前後を維持し、人にやさしい、安全かつ安心して利用することが出来ます。

すばやい消臭力

大半の「におい」のもとは、空気中の水分に含まれており、アンモニアや硫化水素、メチルメルカプタンなどが挙げられます。

CELAはこれらの分子と結合し、「におい」のもとを分解しながら除菌・消臭を行います。

他の消臭剤のように香りなどで消臭するのではないため、加湿器などで一定時間噴霧すると一層効果的です。

CELA噴霧時間と悪臭成分残留率の関係

すぐれた安全性

  1. 菌・ウイルスのみに即反応し、人畜無害です。
    (例:体内の白血球の好中球が行う殺菌にも安定化次亜塩素酸が作り出されます。)
  2. 殺菌効果のスピードは次亜塩素酸ナトリウムの約80倍です。
    瞬時に除菌と消臭を行います。
  3. 次亜塩素酸(HCIO)の働きにより
    強力な除菌作用をもたらす領域を100%に近い状態で保有します。

    ●従来の塩素系列との効果比較
    比較項目 次亜塩素酸ソーダ 強酸性電解水 CELA(セラ)
    pH領域 アルカリ12以上 強酸2.3~2.7 弱酸 標準6.5±0.5
    主要塩素 イオン領域ClO- 塩素ガス領域Cl2 次亜塩素酸領域HClO
    人体への影響 × 影響大 △ 影響ややあり ◎ 影響ほとんど無し
    金属の腐食 × 腐食大 × 腐食大 ◎ 腐食ほとんど無し
    経時変化 × 影響大 △ 影響ややあり ◎ 影響ほとんど無し
    取り扱い性 △ 保護員が必要 ◎ 容易 ◎ 容易
    塩素ガス △ 熱湯に入れると危険 × 有り ◎ 無し
    希望作業 × 原液が身体に付着すると化学火傷を起こす。粘膜を刺激し、ひび水泡ができる。 ○ 塩素により錆が発生するため、使用場所が限定される。取り扱いに注意 ◎ 弱酸性で肌にやさしく除菌力を持つ。HClO領域のみ存在し安心かつ安全。人体内にも存在する。
  4. 独自の製法によりpHを6.5前後に安定させても
    塩素ガスや塩化水素が発生しません。
  5. pHが弱酸性で肌や人体にはほとんど影響を与えません。
    原液が身体に付着しても化学火傷を起こすことがありません。
  6. 遮光下での長期保存・流通が出来ます。
  7. 熱的安定性があります。
    (100℃加熱条件下でも除菌・消臭効果があります)
  8. 酸性水・電解水・混合水に比べてサビの発生がわずかです。
  9. 農業分野で土壌改良・苗育性での除菌用環境改良水・活性水として使用出来ます。
  10. プール・温泉施設などの水質の透明度・澄明度を増上させ、
    濁度が低減されます。(レジオネラ菌にも効果的です)
  11. 牛舎・豚舎・養鶏場に霧状散布することにより、
    生育環境が改善されます。(除菌・消臭・死亡率低下・廃水処理)